ワキの黒ずみの原因、衣類の摩擦を防ぐには?

5f9a0c47d87f865b1bc83ff85001a314_s

ワキの黒ずみや色素沈着の最大の原因は、カミソリや毛抜きなどを使った自己処理によることが原因という話はとても有名ですね。しかし自己処理以外にも、ワキの黒ずみを悪化させる要因があります。それは、衣類との摩擦でなのですが、実は、私たちのお肌は常に衣服とこすれ合っていて、ダメージを受けている状態にあります。こういった事はあまり意識することはないですが、服を着て行動するという生活スタイルはお肌にとって負担にもなりえるのです。
結果、黒ずみだけでなくかゆみや赤みが発生することがあり、季節の変わり目やお肌が弱い方などは実際にそのような症状を体感したことがある人もいるでしょう。しかし、衣服を着て生活する文明に生きている私たちにとっては仕方のないことですが、衣類による黒ずみの原因は防ぐことが可能です。

まず、お肌に合わない生地を使用した衣服を着用しないことです。

少しでもお肌がガサガサしたり乾燥したりするような生地を使った服はなるべく避けるようにしてください。コットン地のものがおすすめです。また、締め付けが多くきつい服を頻繁に着るのもやめましょう。

次に、制汗剤の種類にも気を遣うようにしましょう。

汗を抑えるために直接お肌に塗ったりスプレーしたりすることに多い制汗剤ですが、その成分がお肌に合わないと大変です。黒ずみを含む肌荒れを引き起こす原因にもなります。制汗剤を使用してから洋服を着る事がほとんどだと思いますので、合わない成分が含まれていると洋服の摩擦とプラスされて余計にワキが黒ずんでしまいます。できるだけ自分のお肌にとって刺激が少ないと感じるものを選んで使用するようにしましょう。

最後に、ワキの部分の保湿をしっかりすることです。

できるだけ無添加の保湿クリームやジェルを選び、入浴後や起床時などに、丁寧にケアをしてあげましょう。汗ムレも厄介ですが、ありとあらゆる肌トラブルの原因となるのはドライスキンですので、こまめなケアが必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加