ヴァーナル 洗顔石鹸 素肌ツルツルセット 口コミ徹底評価

102856

疲れ肌に、ヴァーナル

ヴァーナル 洗顔石鹸 素肌ツルツルセットは、疲れたお肌を元気にしてくれるような洗顔石鹸です。お肌の汚れをしっかり落としてくれる洗顔石鹸とお肌に潤いを与える洗顔石鹸、この二つタイプの洗顔石鹸で生まれ変わったような潤いタップリのお肌へと導いてくれます。

その秘密は、クレンジング石鹸のアクアソープとしっとりふっくら仕上げ用の石鹸のセンシティブザイフにありますが、メイクをして一日活動したお肌は、汚れた空気にさらされ紫外線にさらされ疲れきっています。その疲れきったお肌を生まれたてのように美しい素肌美に変えてくれるのです。すっきりとしてふっくらと変わったお肌に、きっと感動することでしょう。今までに出会ったことのないクレンジングと洗顔力を実感することが出来ます。

アクアソープは、まさに理想的なクレンジング石鹸で、25年もの間販売され続けその間、改良が重ねられています。二つ目の仕上げよう石鹸のセンシティブザイフはアクアソープで汚れが落ちたお肌を優しく洗い上げみずみずしさを与えお肌をまっさらにします。洗いあがったお肌はきめが整いうるおいたっぷりのお肌になり、この二つの洗顔石鹸で洗いあがったお肌はまさに贅沢そのものです。

ふっくら潤いのあるお肌になるのはホイップクリームのようなヴァーナルの泡にあります。きめが細かくきれいな泡は濃密で弾力があり、手のひらにのせて逆さにしても手に吸い付いているので下に滴り落ちません。25年間こだわり続け研究し尽くされ作られたヴァーナルの洗顔石鹸の泡に自信と実力を実感することでしょう。

またヴァーナル 洗顔石鹸 素肌ツルツルセットは100%植物性成分・パラペンフリー・合成色素無添加でできていますので、エイジングケアに最適ですし、安心して使用できます。

おすすめできない人

  • 植物性成分に敏感なお肌の人は肌荒れを起こしてしまうかもしれません

おすすめできる人

  • お肌にふくらみがない人
  • お肌に潤いがない人

ヴァーナル 洗顔石鹸 素肌ツルツルセットの口コミ・評判

グッドな口コミ・評判

  • スッキリ汚れが落ちる(30代・普通肌)
  • ピーリング効果があるようで、シミが薄くなり色白になる(30代・普通肌)
  • クレンジング効果もしっかりある石鹸(40代・混合肌)
  • クレンジングするのが面倒なので、助かる(30代・普通肌)
  • すごく泡立ちがよく、自然な香りでコストパフォーマンスもいい(10代・乾燥肌)
  • 最初は乾燥してしまっていたが、続けて使っているとツルツルになった(30代・脂性肌)
  • サッパリ感としっとり感がすごくよい(20代・混合肌)
  • 汚れがすごく落ちる(30代・混合肌)
  • コストパフォーマンスはいい(30代・普通肌)
  • 濃密泡で毛穴の汚れまでとってくれるし、メイク落としもしっかりしてくれる(30代・普通肌)
  • メイク汚れもとってくれて保湿もしてくれる(30代・乾燥肌)
  • クレンジングがいらないくらい綺麗にメイクがおちる
  • メイク汚れがしっかり落ちるので助かる(40代・混合肌)
  • すぐに泡立つ(30代・混合肌)
  • サッパリした洗い上がり(30代・混合肌)
  • もちもちの泡がメイクも落としてくれる(30代・普通肌)

いまイチ口コミ・評判

  • ツッパリ感がある(30代・普通肌)
  • サッパリしすぎ(30代・普通肌)
  • 冬場は乾燥してしまう(20代・普通肌)
  • 電話勧誘が多い(40代・乾燥肌)
  • 乾燥がひどくなる(40代・乾燥肌)
  • 肌荒れ時に使うと刺激がある(30代・乾燥肌)
  • 現品購入は金額が高い(20代・乾燥肌)
  • 職場にまで勧誘電話があるのは閉口(40代・乾燥肌)

口コミ・評判を徹底評価!

高い評価をされている方は、クレンジングをしなくても洗顔だけでしっかりメイクが落ちるのでよい、という意見が大半でした。クレンジングをしてから洗顔という手順は、当たり前のようでいて実は、多忙な人からすると結構面倒だったりするようです。

このヴァーナルのソープは、メイクを落とすだけでなく、毛穴の汚れまでとってくれるという効果を実感されている方もいました。また、長年使ってきているお母様のものを使ってみたということですが、お母様の肌はシミなどが薄くなって、美白効果としても期待できるということでした。

低い評価をされている方は、刺激が強いということで肌トラブルの面で評価を低くされているようでした。同じ乾燥肌の方でも、肌質に合う方はさっぱりした洗浄力としっとりした保湿力、双方の実感を感じられていましたが、逆に乾燥が進んでしまう、という人がいらっしゃるようでした。

また、メーカーからの電話での宣伝が多めの会社であるという特長も見え隠れしています。電話での宣伝は各社多少にかかわらずされている宣伝方法ではありますが、もし本当に、電話をかけられると困るのであれば、そのあたりは自己責任で、会社側に最初に申し入れなどをしておくなどの必要もあるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加