女性ホルモンのバランスとワキの黒ずみには関係があった!

00717e1712df76ce664f1ec40ed90053_s

意外に知られていないことですが、ムダ毛の自己処理のほか、「ホルモンバランス」もワキの黒ずみに影響することがあるというのはご存知でしょうか。例えば妊娠中や出産後、ワキや乳首が何となく黒ずむことがあります。妊娠中も出産後もホルモンバランスが不安定になりやすいというのがその原因です。具体的には、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが大量に分泌されると同時にメラノサイトという色素細胞が生成されることにより、お肌やワキが若干黒ずんだように見えるというわけです。
出産後でワキの黒ずみが気になるようになったという人は結構多いのですが、この症状は出産後しばらくすれば自然に消えていくものですので、あまり心配することはないでしょう。しかしいつまでも黒ずみが解消されない場合は、今度は真剣に対策を考える必要があります。

ホルモンバランスは年齢や生活環境によって変わりやすいものです。

分かりやすく言えば、妊娠中や出産後のホルモンバランスと、普段のホルモンバランスとでは事情が異なります。前者であれば落ち着けば回復しますが、後者の場合で、乱れてしまったホルモンバランスを放っておけば悪化の道をたどることもあります。ワキが黒ずむのは、女性ホルモンの分泌量が減少している可能性もあります。黒ずみを防ぐには、女性ホルモンの分泌をサポートするようなケアをしなくてはなりません。

女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンやプラゼンタを積極的に摂取するなどし、まずは女性ホルモン減少による症状を食い止めましょう。また、ワキの保湿ケアも入念に行い、黒ずみのもう一つの原因である乾燥も抑えるようにしましょう。なるべく無添加の保湿ジェルやクリーム、ローションを入浴後などに塗り、丁寧にケアをする必要があります。さらに制汗剤には自分のお肌にとって刺激が少ないものを選び、化学薬品によるダメージも最小限にするよう気を遣いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加