脇ヘアの自己処理方法を見直そう!

74ace2a936b42bac5c4ded4dd0c32b40_s

黒ずみの原因の1つに、カミソリや毛抜きなどの自己処理によるダメージと言われています。

カミソリや毛抜きを頻繁に使用している場合、お肌は摩擦されどんどんダメージを受けてしまいます。とくに、お肌が弱い方は赤みや痒みが出で掻いてしまう事も多いのではないでしょうか。
自己処理でお肌が傷つきダメージを受けてしまうと、毛穴の奥の細胞がダメージから守ろうとしてメラニンというのを増やしてしまいます。そうなるとお肌の表面では「色素沈着」が起こってしまいワキが黒ずんでしまうのです。

もちろん脱毛サロンやクリニックで処理を行えば、黒ずみを解消することはできますが、それでも脱毛が完了するまでの間は自己処理はしなくてはいけません。
どちらにしても自己処理は必要ですので、正しい処理方法で黒ずみの悩みを解消していきましょう。

カミソリ、毛抜きを使用している方は今すぐにやめましょう。

カミソリは黒ずみの一番の原因となります。目には見えませんがカミソリは表面の皮膚を傷つけていますので 大切なことは皮膚表面を傷つけないように処理をしていくことがポイントとなります。ですので、カミソリや毛抜き(ピンセット)ではなくシェーバーを使用するようにしましょう。
シェーバーの最大の特徴ですが、やはり「お肌に優しい」ということです。カミソリやピンセットと比べるとお肌へのダメージが少なく優しく処理をすることができます。

その理由は、お肌に直接刃が当たらないように作られているからです。ワキが乾燥したり荒れたりすることがありませんので、黒ずみを作りにくくします。
そして、お風呂に入る時に時に処理をする人も多いかと思いますが、実はお風呂での自己処理はNGです。お肌が柔らかくなっている時は、よりダメージを受けやすいので処理をする時はお風呂以外の時がオススメです。黒ずみに悩んでいる方は、これまでの自己処理方法を見直し正しくケアしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加