角質除去と保湿ケアでワキの黒ずみを解消!

1ca6df34384eace5a1eb63b3d9ba9fe1_s

ワキの黒ずみの原因には様々なものがあります。脱毛の自己処理によるものやホルモンバランスの乱れの影響、日焼け・・・。その一つ一つでアプローチも異なります。もう一つ、ワキの黒ずみの原因になる要素として「古い角質の蓄積」があります。今悩んでいる色素沈着が角質ケアで改善される可能性があるため、ぜひチェックしてみてください。まず、なぜワキに古い角質が集まりやすいのかについて解説します。
第一の理由は、カミソリによる自己処理です。カミソリの刃をお肌に直接当てているとき、お肌には大きなダメージが与えられています。その負担から身を守るため、お肌の方では角質を厚くしようとするのです。そしてどんどん角質が厚くなり、その角質が古くなってくると、さらに黒ずみが目立つようになります。これが、シェーバーによる自己処理をなるべく避けたい理由です。

また、同時に、毛抜きによる自己処理もあまりおすすめできません。こちらも毛穴に負担をかけており、少しづつ毛穴が大きくなり開いてしまいます。これが毛穴が目立つ原因の1つです。そして継続して処理することにより毛穴が黒ずみ始めます。そのため、カミソリや毛抜きを使った自己処理は基本的には避けた方が無難です。本当はムダ毛の処理は脱毛サロンやクリニックでやってもらった方が良いのですが、自己処理をする場合、自分では色素沈着を防ぐようにするのが今のところは一番安全です。それでもワキにたまってしまった角質を除去したいときには、ピーリングローションなどを使ってやさしくケアしてみましょう。
なるべく無添加で自然由来のアイテムを選ぶのがおすすめです。このとき、過度にこすりすぎないようにするのがポイントです。きちんとケアをすれば埋没毛が表に出てくることもあります。さらに、ピーリングをした後はきちんと保湿をするようにしましょう。角質除去をした後のお肌は殻をむいたゆで卵状態のようになっており、とてもデリケートになっているため適切な処置が必要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加