ダブル洗顔が不要な人と必要な人は?タイプ別考察

ダブル洗顔.jpg

ダブル洗顔

ダブル洗顔は必要?

以前は、一般的だったダブル洗顔ですが、最近では常識が少しずつ変わってきています。肌質やメイクの方法によって、クレンジングや洗顔のおススメ方法が変わります。また、そもそもダブル洗顔とはどのような洗顔方法なのか知っていますか。ここでは、「ダブル洗顔」についてまず見てみましょう。そのうえで、どのような肌質の人がダブル洗顔が必要なのか、ダブル洗顔が必要な時はどのような場合なのかをまとめてみました。

ダブル洗顔とは、何も洗顔を2回するというわけではありません。クレンジングも含めて行う洗顔方法のことをさします。つまり、「クレンジング⇒洗顔」というステップがダブル洗顔と言うわけです。一般的に洗顔だけでは、すべての汚れを落とすことはでき無いと考えられているので洗顔の前に、まずはコスメの汚れや毛穴の奥の汚れを、洗顔前にクレンジング剤で落とす人がほとんどでしょう。

しかし、このダブル洗顔は肌に負担がかかる為「ダブル洗顔は必要ない」と提唱する人も多いです。また逆に、お肌の汚れが蓄積されてしまうため、メイクをしていない時でも「ダブル洗顔が必要」という人もいます。
ダブル洗顔をしない人は、ダブル洗顔の代わりに洗浄効果も高いクレンジング剤で皮脂汚れや角栓詰りも、すべて洗顔のみで落としてしまうやり方だといいます。

一方で、現在でもダブル洗顔は必要だという意見も根強い模様です。普段の生活では、大気の汚れが付くため、メイクをしているときだけではなく、メイクアップしていない時もクレンジングと洗顔フォームのダブル洗顔が必須だという方もいます。

ダブル洗顔が不要な人

ダブル洗顔が不要な人は、乾燥肌や敏感肌などの皮膚が弱い人です。出来る限り、肌にかかる負担を減らした方がいいため、1回での洗顔を心がけましょう。ニキビ肌の人は、洗浄力の強い洗顔料やクレンジングが刺激になることがあります。ニキビの炎症を悪化させ、ニキビの発生を促進させる可能性もあります。

お肌に刺激になるスキンケアを減らして、余分な刺激物が肌へアプローチするのを減らしましょう。また、メイクをほとんどしていない人は、柔らかいミルクタイプでコスメを落とし、お肌への負担が少ない洗顔方法を心がけることが大切です。

>ダブル洗顔不要でメイクと皮脂汚れを落とす洗顔料

ダブル洗顔が必要な人

脂性肌や混合肌の人は、肌の汚れをしっかりと落とすようにすることが大切です。また、強い日焼け止めを使っている夏の時期や、ファンデーションをたっぷりと塗っている人は、ダブル洗顔した方が、皮膚に残る汚れをしっかりと落とすことができるでしょう。

それに、アイラインやマスカラをがっつりとしたメイクをしている人は、目の周りは、専用のメイク落としを使用した徹底的なメイク落としを心がけましょう。油分を多く含んでいるメイクアップコスメは、きちんとメイクオフをしてあげなければ完全に汚れを落とすことができません。洗顔剤を使って、クレンジングやメイクの落としの古紙を綺麗に拭いましょう。メイクのあとに、しっかりとダブル洗顔をしないと肌に汚れが残り、酸化、色素沈着やシワシミなどのトラブル肌につながります。

まとめ 

肌質やメイクに合わせてダブル洗顔もシングル洗顔を使い分けましょう。その日の自分の肌の状態や、メイクをしている日・していない日、季節・環境などに合わせて、その都度スキンケアをかえることも必要でしょう。
また、ダブル洗顔をしてもしなくても、一番肝心なことは、「洗い残しを防ぎ、ゴシゴシと洗いすぎ無い事」です。不必用な汚れは落とし、必用な油分は保つことが大切となります。メイクの汚れと不必要な皮脂はしっかり落とすことが肝心です。

メイクアップをしているときは、ダブル洗顔をしなければ汚れを落としきるのは難しく、クレンジングで落とした汚れは、すすぎ残しがないようにきちんと落とすことが大切です。ダブル洗顔をしてもしなくても、すすぎ残しをしないように心がけ、ダブル洗顔をしたときには、刺激を与えすぎず、適度な洗浄力に抑える事を心がけましょう。

>【ダブル洗顔不要】リ・ダーマラボモイストゲルクレンジング

このエントリーをはてなブックマークに追加