毛穴対策向け洗顔料の選び方 成分のポイントは?

毛穴対策としての洗顔方法・洗顔料の選び方1 タイトル「成分にこだわった正しい洗顔方法で毛穴対策!」

正しい洗顔方法

毛穴の汚れが気になるからといって、爪で押し出したり、ピンセットで取り除いたりしていませんか?それは、一時的にスッキリしたように見えても、お肌を傷をつける可能性が高いのでやってはいけません。

だからといって、ゴシゴシと洗顔をやってはいけません。洗顔方法にもコツがあるのです。

洗顔するときには、お肌の表皮に傷をつけたりしないようにするのが先決です。
具体的には、泡を立てて、その泡で包み込むように洗うことが正しい洗顔の方法です。

百も承知のように見えるこの洗顔方法ですが、それを実践してもしても毛穴の悩みが改善されない、と言われる方がおそらく多いかと思います。次に考えるべきは、洗顔料の選び方です。

毛穴の悩みに効果のある洗顔料の成分とは!?

毛穴が開いてしまって、キメ細やかさがない、というお悩みの場合、それを隠そうと厚塗り化粧になっていませんか。

それは、皮脂汚れとメイク汚れが、ますます積み重なる原因にもなります。そうなると「皮脂とメイクのダブル汚れをなんとか落とさなければ!」という強迫観念にも似た思いが生じ、またしてもゴシゴシ洗ったり、クレンジングを執拗にしてしまったりする事があります。

クレンジングや洗顔のあと、つっぱるということは、それだけお肌が持っている潤いまで洗い流されてしまっているということ。

 
そうならないようにするには、洗顔料やクレンジング剤の成分にこだわって、よけいな負担をお肌にかけない、合理的な洗顔法がおすすめです。

どのような成分が毛穴にいいの?

毛穴の悩みには、大きく
1.毛穴の汚れ
2.毛穴の開きやたるみ
3.毛穴の詰まりや角栓
があります。

これらすべてを考えるにあたり大切なことは、洗顔料の成分や、気泡がきちんと毛穴の中に入っていかどうか、ということです。
毛穴の中の汚れや詰まりにアプローチする必要があるからですね。

 
たとえば、海底から取れたミネラルたっぷりのクレイ(=泥)「マリンシルト」。この成分が含まれた洗顔料で優しく包み込むだけで、汚れがすっきりし、今よりは毛穴の悩みを解消することができます。

確かにクレイ(=泥)による美顔法というのは、昔からあります。これは、酸化した皮脂や古い角質、メイク汚れといった毛穴の汚れに効果を発揮すると言われています。

しかも、海泥から生成されたものであれば、マリン・ミネラルがたっぷりですから、栄養も補給でき、洗い上がりもしっとり感が生まれます。優しく、しかも角栓に効果的に洗うためには、洗顔料の成分にまでこだわることが大切なポイントとなります。

>>> マリンシルトからつくられた洗顔料

このエントリーをはてなブックマークに追加