毛穴の開き 原因と4つの洗顔対策方法

毛穴の開きの原因

毛穴の開きの原因は、皮脂分泌の増加によるものです。皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴のぽつぽつが目立つようになります。お肌の油分が増える要因は、環境や身体の変化等が揚げられます。ここで、毛穴の開きを少しでも改善させるための洗顔方法を見てみましょう。

洗顔方法のポイント

丁寧に洗顔をする

毛穴の開きが気になるという人は、皮脂を増加させないような洗顔方法を心がけましょう。毎日正しい洗顔方法を行う事で、毛穴のつまりを少しでも防ぐことができます。

ただ単に、洗顔フォームを手に取って肌につけているようでは、肌に良くありません。また、皮脂が気になるからと言って洗浄力の強い洗顔フォームでゴシゴシと洗っているとお肌が知らぬ間に傷つきます。

また、必用な油分まで取り除いてしまう結果になります。必用以上の皮脂が取り除かれれば、肌が油分を補おうとしてしまうので、余計に油っぽい肌になり、どんどんと肌の毛穴が目立つようになります。

余洗いをする

洗顔前に必ず余洗いをするようにしましょう。余洗いとは、洗顔前の水洗いの事です。余洗いは肌への負担を軽くして、毛穴が目立たない肌作りにとても大切な事となります。

実際に、洗顔フォームなどの洗浄剤を使用する前に、水で顔についたホコリや汚れをできる限り落とすことで、肌にかかる負担を少しでも抑えることができるのです。

また、水洗いをした後は、余洗い前よりも肌が柔らかくなります。ほんの少し肌がふやけることで、肌や毛穴に溜まった油分や汚れが落ちやすくなります。

この余洗いは、お化粧をしてメイク落としをした後はもちろんのこと、何もメイクをしていない時にも重要なステップです。必ず意識をして余洗いをしっかりと行うようにしましょうね。

毛穴が開く原因は、間違った洗顔方法が原因であることが多いです。洗顔は、ただ汚れを落とすだけでいいというわけではありません。お化粧をしているときはもちろんのこと、普段の生活でも汚れがこびり付くので、余洗いや丁寧な洗顔を心がけて、毛穴の開きを最小限に抑えていきましょう。

毛穴を目立たなくする洗顔とアフターケア

きめ細かい泡を作る

毛穴ケアの洗顔では、しっかりと泡を立てることが大切です。きめ細かい泡で洗顔をするだけで、お肌への負担が随分減ります。手で泡立てることがうまくできないという人は、洗顔ネットをつかったり、初めから泡で出てくる洗顔フォームを使いましょう。

きめ細かい泡での洗顔は、必用な皮脂を残したまま顔に残った汚れや不必要な皮脂のみを落とすことができます。お肌への負担を最小限にすることができるので、必ずしっかりと泡を立てるようにしてくださいね。

乾燥を防ぐ

洗顔の後は、肌の乾燥を防ぎましょう。実は、肌の脂っぽさが気になるという人は、肌の乾燥対策を怠りがちです。お肌が乾燥しているがいることが脂性肌の根本原因であることが多いので、どのような肌タイプであっても保水・保湿ケアを大切にしましょう。

お肌の乾燥の原因は角質層にある水分量が減ることです。潤いがなくなった状態の肌は、自ら肌を潤わせようと余計な皮脂を分泌します。結果的に、皮脂分泌が盛んになり肌の油分が増えれば毛穴が目立つのです。洗浄力の高い洗顔をすればするほど負のスパイラルになります。

洗顔はさっぱりとしたいというのでしたら、最低でも肌の乾燥を防ぐためにローション(化粧水)で保水、乳液や美容液で保湿をして、クリームで水分を逃さないように蓋をしましょう。

毛穴が開く原因の一つが間違った洗顔方法です。また、洗顔後の保水を怠るが故に、肌が乾燥し皮脂分泌が盛んになります。優しく不必要な分の皮脂だけを洗い流すことを心がけ、失われた水分はしっかりと補えば、肌の水分量の減少を防ぐことができます。

お肌の角質層の水分量を保つことができれば、結果的に毛穴が目立たない健やかなお肌を手に入れることができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加