洗顔時の毛穴ケアと保湿はセットで行うことが大切なのはなぜ?

まずは正しい洗顔の仕方をおさらいしましょう

年齢と共に目立ってくる、大きく開いた毛穴ですが、何とかしなくてはと焦り、高価なスキンケアアイテムを使ったり、メイクを濃くしたりしてしまいがちです。しかし、本当に毛穴のケアを考えるなら、まずは毎日の洗顔と、その後の保湿ケアを、いちどおさらいしてみることをおすすめします。

第一歩は洗顔

とてもシンプルなことなので、忘れてしまいがちなのですが、それだけでも毛穴の開きをかなり改善することができます。毛穴ケアの第一歩は、まず洗顔です。顔の汚れや皮脂をしっかりと洗い流すことにより、開いた毛穴をキュッと引き締めることができます。

ただ、だからといってゴシゴシと強く洗ってしまうのはNGです。顔の皮膚はとても繊細なので、刺激を与えすぎるとかえって傷みやすくなってしまいます。顔を洗うときは、なるべく洗顔ネットを使って石鹸や洗顔料を泡立て、やさしくマッサージをするように洗い上げてあげましょう。

たっぷりの泡で洗うと、鼻の毛穴の頑固な汚れもすっきりと落とすことができます。そして、洗った後のすすぎも、入念に行うとベターです。これによりお肌に残った洗顔剤や石鹸の成分を洗い流し、炎症を防ぐこともできます。

洗顔後は保湿を欠かさないこと

さて、顔をきれいに洗った後は、保湿もしっかりと行うのがとても大切です。シャワーやお風呂から上がった後の肌は乾燥しやすく、水分がどんどん逃げて行ってしまうので、その前にスキンケアをするようにしましょう。

このときのコツは、化粧水や美容液、あるいは乳液を、できるだけ「ぜいたく」に使うことです。

特に、毛穴が汚れたり、開いたりしやすい小鼻のあたりには、多めに塗ってあげると良いでしょう。もちろん使い過ぎはNGなのですが、お肌に充分な栄養が行き渡ることにより、結果的に毛穴を引き締めることができるからです。
また、化粧水などをたっぷり使ってお肌に栄養を与えれば、保湿や美白など、他の美容効果も同時に実感できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加