毛穴の角栓を除去の洗顔法則と角栓に効果のある成分をピックアップ!

角栓除去の洗顔法則

毛穴の角栓を除去したい、と思っても、なかなかできませんよね。今すぐ根こそぎとってしまいたい、となると、手荒な方法としてはパックをし、それに角栓を吸着させ、引き剥がす…というものもあります。

しかし、それはお肌を荒らす原因にもなり、周囲のお肌の状態をも悪化させる可能性もあります。

角栓を優しく除去できる洗顔方法に、確立されたものがあるかというと、残念ながらないに等しいといえるでしょう。ひとえに、日ごろのケア次第で、綺麗にもなれば、汚れがたまって角栓にもなる、ということです。

ただ、この法則を知れば、より効率的に角栓除去が促進され効果に期待ができます。というのは、角栓や皮脂・角質汚れなどは、プラスイオンだということです。

そのため、マイナスイオンを含むものを角栓に塗布すれば、プラスとマイナスが引き合って、毛穴の汚れである角栓や皮脂・角質汚れが出てきやすい、ということになります。

どちらにしても、毛穴を蒸しタオルや半身浴で十分に開かせてから洗顔を行う、というような、手間隙かけた方法を日々怠らずに行うということが、有効のようです。

マイナスイオンで毛穴の角栓除去!

毛穴の角栓というのは、言うまでもなく酸化してしまった汚れです。

汚れのなかには、皮脂もあれば、古くなったメイク汚れや角質も含まれているとのことで、かなりの汚れっぷりです。

この酸化した汚れというのは、プラスのイオン因子となっています。ということは、マイナスイオンの性質を持った成分を使えば、酸化したプラスイオンの汚れが、毛穴の奥からスルリと除去される可能性が高いのです。

そこで、マイナスイオンの性質を持った、毛穴の角栓に効果のある成分を探してみました。

よく石鹸の成分として、巷でも取りざたされているクレイ(=泥)成分は、マイナスイオン因子をもつ成分です。

ですから、角栓や皮脂汚れ・メイク汚れ・古い角質といったプラスの性質を持っているものに対して、吸い寄せられるように吸着すると考えられます。

→泥系で人気No.1の洗顔料

また、マイナスイオンといえば、忘れてはならないのが、炭。炭を砕いて洗顔料にした商品もありますので、探してみるといいですね。

泥や炭といった、プラス・マイナスの引き合う作用を利用した洗顔料成分のおかげで、ゴシゴシ洗わなくても自然に毛穴の中の汚れが洗い流されていく、ということなのです。

洗うだけで、あるいはパックするだけで、毛穴の汚れや角栓除去に効果が期待できる、との口コミが多いのもわかりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加