今すぐ毛穴を隠す6つの方法【厚塗りで悩む方必見!】

目立つ顔の毛穴、来週に迫ったイベントまでに何とかしたい!なんてこと、けっこうありますよね。そこで、今すぐ毛穴を隠す方法を紹介したいと思います。1.メイクのコツ、2.ポイントで行うベーシックケアの大きく2つにわけることができます。

化粧で毛穴を隠す方法

お出かけのためにお化粧をしようと鏡を見たときに、毛穴が気になると必死に隠したいと思いますよね。ただ、毛穴ばかりに注目していると、ついつい厚塗りになってしまい、全体的に白くなりすぎて、作ったような顔でやりすぎな事もあるのではないでしょうか。

ここでは、ファンデーションばかり塗りだくるのは嫌だという人に向けて、賢く厚化粧にならず毛穴を隠すお化粧の方法をまとめました。

毛穴用の下地を使う

下地には、毛穴専用の下地を使いましょう。「毛穴カバー用」などと言う名前で売られています。毛穴の気になる部分につけると、自然に毛穴が目立たなくなります。クリームタイプやゲルタイプのものなどがあり、スキンケア感覚で使います。
通常の下地と合わせて使うだけで、ずいぶん見た目が変わるのですぐにどうにか毛穴をごまかしたいという場合に使えるアイテムです。

叩くように塗る

手元に毛穴用下地やスペシャルケア商品が無いという場合には、ファンデーションの付け方を変えてみましょう。随分見た目が変わるので、塗り方を変えるのは大変有効的です。
毛穴は、小さな凹凸が肌にある状態なので、ファンデーションは叩くように塗って、凹凸のカバーをしましょう。パウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプのどれでもできる方法です。お手持ちのコスメで試してみてください。

フィニッシングパウダーを使う

下地やファンデーションを使った後は、フィニッシングパウダーでカバーをしましょう。叩くようにファンデーションを塗ったままですと、見た目の印象が良くありません。明るい色味のフィニッシングパウダーを使えば、毛穴のぽつぽつが目立ちにくくなります。肌全体のトーンも明るく見えるので、全体的にきれいな印象になれるでしょう。

特別な日のお化粧前に毛穴が気になったら、いつものメイクアップにひと手間を加えてみましょう。普段から、気になる日のために毛穴カバー用の下地は1本持っていると心強いですね。

毛穴カバー下地を持っていなければ、ファンデーションの付け方やフィニッシングパウダーを使い方を考えましょう。塗り方一つで、顔の凹凸のカバー力が全然違います。意識してメイクアップをすれば、印象がずいぶんがわりますので、特別な日にはぜひとも取り入れてみてください。

お化粧前にできるケア

朝起きて鏡を見たときに、毛穴が気になるとその日一日の気分が上がりません。大事な用事があって出かけたいときに、毛穴が気になるのは嫌なものですよね。
簡単に毛穴を隠せるケアがあれば実践したいと思いませんか。お化粧の前にできる毛穴ケアを見てみましょう。

ピーリングジェルを使う

朝の顔を洗う時に、ピーリングジェルを使って気になる部分のこすり洗いを行いましょう。お肌のターンオーバーを活性化させる役割があるので、毛穴汚れはもちろんのこと、肌トーンを明るく見せてくれます。
お化粧の仕上りがずいぶん変わりますので、お肌にコンプレックスがあれば使用してもらいたいケアですね。

毛穴パックを使う

どうしても毛穴汚れが気になる場合には、毛穴パックを使いましょう。根こそぎ毛穴の汚れが落ちるので、急ぎの場合の救世主です。小鼻の黒ずみや白い油浮きを取り去ることができるでしょう。

ただし、乾かしすぎると肌が赤くなってしったり、余分な皮膚や油分まで落としてしまいかねません。お化粧でごまかせないくらい赤くなるのは外出に影響が出ますので、時間に余裕をもって、用法を守ってお使いください。

収れん化粧水を使う

収れん化粧水には、毛穴を引き締める効果があります。スキンケアに取り入れることで、多少きゅっと引き締まって見えるでしょう。
大切な日なのに、朝起きて毛穴が気になることはよくあることです。少しでもごまかしたいという場合には、お化粧の前のケアを考えてみてください。

洗顔の時にピーリングジェルを使って気になる部分をこすり洗いするか、どうしても毛穴が気になる場合には、洗顔後の綺麗になった肌に毛穴パックを使いましょう。しっかりと事前のスペシャルケアをすると、毛穴の調子がずいぶん違います。そして、どちらかのケアを行った最後には、収れん化粧水を使って肌を整えるなどをしてみるといいでしょう。

ただし、これらはすぐにどうにかしたい場合のケア方法です。時間に余裕がある場合には、根本から治すことを心がけて毎日の毛穴ケアの積み重ねを大切にしましょうね。

毛穴ケアは洗顔から!毛穴に効く洗顔料ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加