毛穴が陥没|クレーターになる3つの原因と改善方法まとめ

毛穴が陥没/クレーターになる3つの原因

真皮のダメージ

にきびの炎症ができるのは、毛穴とその周りに炎症が起こる為です。真皮が傷つくことで、コラーゲン組織も同時にダメージを受けます。ニキビの原因であるアクネ菌をやつける時に出る活性酸素が周りの皮膚や毛細血管まで破壊する為、皮膚がくぼみます。

アレルギー体質

ニキビ痕がクレーターになりやすい原因の一つは体質です。アレルギー体質だと、ニキビが悪化しやすくクレーターになりやすいです。
アレルギー体質と言うのは、免疫が過剰に働いてしまう体質です。クレーターにならない時にも、ニキビ痕がひどく、なかなか治らないのが特徴です。

肌質が関係しています。

肌質が固い人は、にきび痕のクレーターになりやすいです。皮膚が硬く、ガサガサ・ゴワゴワしている人は、炎症ニキビがクレーター状に凹むことが多いでしょう。

毛穴が陥没/クレーターの改善方法

専門治療

専門治療の方法としては主に以下の方法が存在します。必ず、医師・専門家に相談してから治療を受けるようにしてください。

薬の服用

「リザベン」「トラニラストカプセル」などの抗アレルギー薬の服用をおススメします。今お肌にできているクレーターの改善と、これからできてしまうニキビやクレーターの予防ができる可能性が高いです。

ローリングメソセラピー

物凄く細い針が付いたローラーを肌の上で転がす治療方法です。一般的に、1.0mm〜1.5mmの長さのハリを使います。
皮膚の表面にあえて穴をあけて傷を作り、傷を自然に修復させる方法で、自然治癒力を生かし、治療と同時に肌を綺麗にする施術です。新しい皮膚へ生まれ変わる中で、成長因子が放出、コラーゲン増生が期待できます。

ノンアクティブタイプのレーザー

ノンアクティブタイプのレーザーでの治療は、肌の表面を削らない施術です。フラクショナルレーザーでは、皮膚に大きなダメージを与えず自然治癒を促す治療方法です。皮膚の表面に点状の細かいダメージを与えて、傷の自然修復を促す施術方法です。ダメージを修復するために成長因子が放出、コラーゲン増生が促されます、

アブレイティブタイプのレーザー

アブレイティブタイプのレーザーでは、皮膚を削り施術をします。痛みが伴い、綺麗になるまで時間がかかるものの、高い治療効果が期待できます。深いクレーターにも効果があるのが特徴的です。CO2フラクショナルレーザーでは、炭酸ガスを使ったレーザーで皮膚の入れ替えを促す治療方法となっています。

医療オイル

皮膚の修復に使われる医療オイルは効果が高いです。市販で購入することもできますが、お肌が弱い人や、酷く炎症している人は皮膚科で絵商法してもらうのが一番安心です。また、医療オイルは保険が適用されるので安心してくださいね。

ホームケア

低刺激なお化粧品に変える

今使っているお化粧品を、肌に優しいものに変えましょう。ドラッグストアなど、市販で売られているお化粧品は刺激が強いことが大半です。お肌に良くない悪い油が使用されていることも多く、毛穴を詰まらせる原因となってしまっている場合があるでしょう。

洗顔を替える

老いる洗顔は肌に必要な油分を取り除くのでやめましょう。

保湿をする

肌質が固いと、一般的にクレーターができやすくなります。しっかりと保湿をして、肌の水分量を高めることで予防・改善に役立てることができます。

食生活を正す

野菜をたっぷりとり、添加物・糖質・油分が多い食事を避けるようにしましょう。サプリメントで補うだけではなく、日々の食生活を見直して、少しでもバランスのいい食事を摂るように気を使いましょう。

ビタミンC誘導体配合化粧品

ビタミンC誘導隊はニキビや毛穴のトラブルにお勧めの成分です。抗酸化作用が強い成分なので、ニキビの炎症を抑え、クレーター部分を目立たなくする役割があります。

睡眠をたっぷりとる

お肌の修復は睡眠中に行われているので、しっかりと質のいい睡眠を取るのが大切です。特に、「肌のゴールデンタイム」や「シンデレラタイム」などと言われる22:00〜2:00までの4時間は、少しでも多く睡眠をとるのりましょう。

毛穴をいじらない

大前提として大切なのが、毛穴やクレーターが気になったとしても肌の凸凹をいじらないようにするのが必須です。これ以上毛穴が開いたら、悪化してしまう一方なので、毛穴パックの使用、角栓の押し出しはやめましょう。

まとめ

陥没毛穴がクレーター状になる原因はお分かりいただいたでしょうか。一度悪化すると、完全に綺麗にするのは難しいですが、少しずつ治療をするのが大切です。お金や時間がかかりますが、美容皮膚科で治療はもちろん日々の生活習慣やお化粧品の使い方次第では自己治療でもずいぶんきれいになります。何よりも、あきらめずに治療を続けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加