毛穴の黒ずみ 原因と3つの基本対策方法

毛穴の黒ずみは、遠目から見てもよく目立つので、女性ならばかなり気になるところではないでしょうか。頬のポツポツやいちご鼻は、顔の中心にあるので一刻も早くどうにかしたいもの。これらの気になる部分には、ファンデーションを塗りだくって隠しがちでついつい厚化粧になってしまっている人も多くないでしょうか。

そもそも、この機になる毛穴の黒ずみの原因をご存知ですか。原因を知らずにケアをしていても、いつまでたっても根本原因を治すことはできません。原因を知ったうえで、対策方法についてみてみましょう。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴にぽつぽつ黒ずみができてしまう根本原因は、「皮脂の分泌量が活発になる」為です。黒いぽつぽつは皮脂が酸化したためです。
皮脂の分泌が盛んであることも原因ですが、「お肌のターンオーバー」が乱れていることも大きな要因です。正常に皮脂が排出されていないために、肌の中に皮脂が残ります。

毛穴に溜まった汚れが落とされることなく古くなり、酸化することによって黒ずんで見えるようになりますので、毛穴汚れを溜めないことを考えるようにしましょうね。

毛穴の黒ずみの基本対策

<スキンケア>

優しく洗顔をする

ゴシゴシとこすっていても毛穴の黒ずみを解消することはできません。こすり洗いは、肌への刺激が強いどころか、皮脂が出る表面の皮膚が固くなります。

たっぷりの泡で洗う

洗顔の基本はたっぷりの泡で洗う事です。毛穴の奥に溜まった頑固な黒ずみは、ただ単に流し洗うだけでは綺麗に落ちません。
優しく振動を加えて、少しずつ落とすように心がけるのがポイントです。

ホットタオルを活用する

毎日できないとしても、週に数回はホットタオルを使ってみましょう。特に、クレンジング前に使用することで毛穴がしっかりと開き汚れが落ちやすくなります。顔の上にホットタオルを数分のせて、肌を柔らかくしてからクレンジングをしましょう。

メイクは毎日落とす

メイクアップした日は必ず落とすようにしましょう。落とさずそのまま寝てしまえば、肌の内側に汚れが蓄積されてしまいます。

保湿をする

お肌のターンオーバーを整えるために、保湿はとても大切です。脂っぽい肌質の人は、油分の多いしっとりタイプのお化粧品よりも、美容成分で保水成分を補うようにしましょう。

<食品>

添加物を避ける

スナック菓子やインスタント食品は添加物が多いです。忙しくてコンビニ弁当や冷凍食品ばかり食べている人は、新鮮な野菜等を使って自炊をするだけでも肌質が変わりますよ。

炭水化物を取り過ぎない

毛穴の黒ずみが気になっている人は炭水化物をたっぷり摂っていることはないでしょうか。炭水化物=糖質がたっぷりなので、甘いものやおやつ同様に黒ずみに良くありません。

ビタミン摂取

ビタミンB2、B6、Cの摂取を心がけましょう。B2はウナギ、卵黄、納豆。B6は、豆腐、牛乳、カツオ。Cは苺、レモンなどの生野菜。新鮮な食材にたっぷり含まれているので、積極的に取り入れましょう。

<生活習慣>

たばこ

タバコを吸っている人は、肌の黒ずみが増えてしまいがちです。ビタミン類が失われながら身体の中の活性酵素が増えていき、どんどんと肌が酸化してしまいますので、禁煙できるならばするのが美容のためです。

紫外線

紫外線は活性酵素を増やし、肌へのダメージを加えるだけではなくお肌の黒ずみを目立たせる原因にも深くかかわっています。
ただし、べとべとの日焼け止めを顔に塗るのは毛穴が詰まるので、UV効果の高いパウダーファンデーションを使い、帽子・日笠などで対策をしましょう。

まとめ

気になる毛穴の黒ずみは、肌の奥に溜まった皮脂の酸化が大きな原因です。そのため、まずは毛穴に皮脂がたまらないように気を付けることから始めましょう。お肌のターンオーバーを活性化させれば、ため込んでしまった皮脂を排出させ、綺麗なお肌へとよみがえらせることができます。

そのために毎日の洗顔、メイクアップはもちろんのこと、生活習慣や食事で改善される事もたくさんあるので、まずは出来ることからひとつずつ始めることが大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加