毛穴パックの正しいやり方

毛穴パックは、大きく二つに分けるとシートタイプと洗い流すタイプの2種類があります。それぞれの正しい使い方についてみてみましょう。

毛穴パックの正しいやり方

シートタイプ

まず、何度も使うのはよくないので、毛穴が詰まるまで待つことが大切です。
角栓パックを使用するタイミングもとても大切で、お風呂に入った後は毛穴が開いてつまりを落としやすいです。
鼻がほんのりと湿っている状態でシートを張り、空気を押し出すようにしっかりと張るのがポイントです。

パックをはがすタイミングは、とても大切です。説明書に書いてある通りの時間にしましょう。
少し抵抗を感じるくらいの乾き具合にして、下から上に向かって、初めはそーっと徐々にはがすのがポイントです。

また、乾かしすぎるのは肌が痛むのでよくありません。逆に毛穴の汚れが取れにくくなってしまいます。
使用後は、鼻をしっかりと冷やして冷却をして毛穴と周りの肌に栄養成分を届けましょう。

洗い流すタイプ

洗い流すタイプは、泥パックやクリーム状など様々なタイプがありますので、肌に合うものを選ぶのがいいです。
貼るタイプのパックより、肌に優しく自分で量を調整できるのがポイントです。

クレイの泥パックなどお風呂場で直接手で添付するタイプの毛穴パックは、全体にまんべんなく塗るのがポイントです。
特に気になる部分はしっかりと付けるようにして、量を調整していくといいでしょうね。

また、肌に塗るときに水が多すぎるとどろどろになるので、手や顔が濡れている状態ではうまく角栓を取ることができません。
使用後は、全てのパックを綺麗に落として汚れを残さないことが大切です。お風呂から上がったら、しっかりと保湿をし肌を労わるようにしましょう。

角栓パックは正しく使用しなければ、肌を傷つけてしまいます。シートタイプと洗い流すタイプの両方がありますが、どちらのパクを使用する場合でも、用法用量を守ってケアをしましょう。
共通して言えることは、あくまでもスペシャルケアとして使用をし、使用後の肌の保湿がとても大切だということです。

また、毛穴パックはやりすぎるとイチゴ鼻などを引き起こす危険性があります。
頻度をなるべく減らすのがベターです。毛穴ケアの基本は洗顔です。毎日の洗顔こそが毛穴レス肌をつくっていくということは、忘れないようにしてくださいね。
毛穴対策 洗顔料ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加