毛穴の詰まり 原因と5つの基本対策方法

ポツポツと小鼻の周りにある白い角栓は遠目から見てもよく目立ちます。ファンデーションを塗れば余計にポツポツが気になるものではないでしょうか。社会人ですと、お化粧のりが悪くなるのも悩みの種ですね。
そんな、多くの女性をなやませる毛穴詰まりですが、何が原因となっているのか、基本対策方法についてまとめていましょう。

毛穴詰りの原因

気になる白いぽつぽつをはじめとした毛穴詰りですが、そもそもの根本原因は肌の「乾燥」です。一生懸命白い毛穴詰りを取るために、ゴシゴシ洗顔をしたりお風呂上りのスキンケアを怠っていれば肌が乾燥してしまいます。お肌の乾燥は、季節の変化やお風呂上りだけではなく、紫外線、ストレスなどでもすぐに引き起こされてしまいます。

脂っぽい肌質の人だからと言ってスキンケアを怠っているとすぐに肌の乾燥が進みます。その一方で、肌が自ら潤わせようとして余計に油っぽくなります。まさに負のスパイラルになり、落としきれなかった油分が角栓として溜まります。これが毛穴が詰まる原因になるので、基本的な事から見直していきましょう。

毛穴詰りの基本対策方法

<メイク落とし>

メイクを毎日落とす

メイク落としを怠っていると、毛穴が詰まりがちになります。疲れて帰ってきたとしてもメイクはしっかりと落としましょう。

クレンジング選び

クレンジングは、オイルかゲルタイプのクレンジングを選びましょう。油分と水分が混じっているタイプなので、詰まった毛穴が溶けやすく、クレンジングと同時に毛穴のケアもできるはずです。

毛穴を開いてからメイク落とし

週に数回は、肌を温めてからクレンジングをしましょう。ホットタオルで顔全体を温めるだけで有効的です。

<洗顔>

洗顔の洗浄力

洗顔の洗浄力が強すぎると、肌が痛みがちになります。いらない皮脂はしっかりと落とし、必要な分はきっちり残すように洗顔には気を使うようにしましょう。

洗顔は優しく

洗顔は、たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシとこすっても毛穴のつまりを落とすことはできません。

<スキンケア>

たっぷり保水する

お肌の保水はとても大切です。そもそも、潤い不足により毛穴が詰まりがちになることがあります。
たっぷりの化粧水で、肌の潤いを保つことで、ずいぶんつまりが増しになるでしょう。

水分が多いものOK/油分が多いものはNG

油分が多いクリームや乳液ではなく、水分が多いものを選びましょう。また、美容液には抗酸化作用の高いビタミンCなどを選びましょう。保水効果の高いセラミド、NMF成分配合の商品もお勧めです。

<インナーケア>

ビタミンB1

皮脂を抑える役割があります。豚肉に多く含まれています。

ビタミンB2

皮脂を抑える役割があります。レバー、ウナギ、卵などに多く含まれています。

ビタミンC

新鮮な生野菜に沢山含まれています。レモン、ピーマン、パセリなどが有効的です。

サプリメント

サプリで補うのでしたら、ビタミン類を積極的に選びましょう。ビタミンB群、ビタミンC

毛穴詰りにNGな食べ物

毛穴詰りに良くない食べ物は、皮脂と糖分が多い食べ物です。
肉類はビタミンB群が豊富ですが(特に豚)、動物性たんぱくは皮脂腺が活発になります。
また、糖質が多く含まれる炭水化物は、消化の際にビタミンを多く使うので、結果的に皮脂が詰まりやすく肌に良くないことが分かっています。

<メイクアップ>

油っぽいメイクを重ねるのは皮脂のつまりを明かさせます。

ファンデーションはパウダータイプを使うようにし、毛穴が気になるならばなおさら、できる限り軽いメイクを心がけましょう。

まとめ

毛穴詰りの根本の原因は肌の乾燥と言えます。ただし、油分を与えてしまうのは毛穴の角栓を増やしてしまいますので、美容成分をたっぷり含んだお化粧品で保水することを心がけ、毎日のスキンケアをすることが大切です。

食事、洗顔方法、化粧の仕方次第で毛穴詰りがどんどん解消できますので、少しずつでも構わないので、ひとつずつ毎日の生活習慣の中に取り入れるべきでしょう。心がけることで、毛穴詰り知らずの美肌を手に入れられるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加