スクラブ洗顔は良くない?!その危険性と5つの使用時注意点

スクラブ洗顔.jpg

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔は、肌を傷める可能性が高い洗顔方法でもあります。使用方法に注意しなくては、取り返しのつかないことになってしまう事もあるのです。そもそも、スクラブ洗顔のメカニズムは、洗顔の中に入っているゴロゴロザラザラとした粒子状の成分を肌の表面をこすり摩擦を起こすことで汚れを落としていきます。

ここで、必要以上に強くこすり過ぎてしまう事によって、大切な肌の水分や角質層までこすり落としてしまう事があります。そんなスクラブ洗顔によって引き起こされる危険性について確認し、使用上の注意点についておさらいしてみたいと思います。

スクラブ洗顔の危険性

1.お肌を傷つける

お肌にスクラブの粒子が摩擦し、必用以上の刺激が加わり、肌に傷がつく可能性があります。ゴシゴシと落とせば、肌に対する負担が大きくなり過ぎるので、肌がひりひりと痛くなる可能性があります。

2.角質が厚くなる

ゴシゴシとこすることで、お肌の表面が傷つけられて、必用以上の角質をはがしてしまいます。お肌は、これ以上肌が傷つかないように、肌表面を守るために角質を厚くします。そうなると、スクラブ洗顔を好む人の多くがなやまされている毛穴の悩みがよりひどくなります。皮脂の過剰分泌が起こる原因になりますので、毛穴がつまり、より油っぽく、べたべたとした肌質へ悪化します。

3.ニキビになりやすい

お肌の角質が厚くなり、毛穴が詰まることでニキビができやすくなります。余計な油分が発生しやすくなるので、肌のトラブルが起こるのは当たり前ですね。また、せっかくきれいに洗っているつもりなのに、開いている毛穴の中にスクラブ剤が入り込んでしまう危険性もあります。毛穴に汚れが残ったままになってしまうと、そこから炎症を起こしたりニキビになりやすくなります。

4.お肌のターンオーバー低下

ゴシゴシと肌を洗うという事は、無理やり肌の角質を落としていることになります。適度に使用をすることで、自力ではがれなかった古い肌表面の皮膚や汚れを落とすことができますが、しかし、過剰に使用すれば、肌本来のターンオーバーを乱してしまう恐れがあります。自分で新しい肌に生まれ変わる力が低下し、肌の新陳代謝であるターンオーバーが低下するので、どんどんと肌の老化が進み年齢肌が気になる原因になりかねません。

5.バリア機能低下

スクラブ洗顔の危険性は、肌表面の皮膚や皮脂を取り過ぎてしまうだけではありません。角質層が傷つけられることで、肌を守るための機能である皮膚のバリアー機能が低下する可能性があります。バリア機能が低下すれば、外的から肌が身を守ることができず、今迄平気だった肌トラブルを起こしてしまう事もあるのです。

スクラブ洗顔の4つの使用時注意点

1.泡立てる

ゴロゴロとしたスクラブで肌をこすることが好きだという方もいますが、刺激の強いスクラブ洗顔こそ、しっかりと泡立てなければなりません。

2.優しく洗う

ゴシゴシとスクラブで肌をこするのがだいご味だと思っている方もいますが、肌表面をこすってしまうのは、肌ダメージを膨らます要因です。もこもこの泡で、ふっくら洗い流すようにするのがポイントです。

3.良く洗い流す

スクラブ洗顔は、通常の洗顔フォームよりも良く洗い流すことを心がけましょう。いつもの2倍、3倍の時間をかけて、丁寧に洗い流すイメージをするといいです。その理由は、粒子状の細かいスクラブが毛穴に残ることで、お肌の炎症、ニキビ、色素沈着などの肌トラブルを起こす可能性があるからです。

4.保湿

スクラブ洗顔は、通常の洗顔よりもさっぱりとしていることがおおいでの、しっかりとお化粧品で肌を整えてあげるようにしましょう。化粧水で保湿、美容液で美容成分を届けて、クリーム類で肌の保護をしましょう。洗顔後のケアを怠ると、肌が痛む原因になります。
スクラブ洗顔は、間違った使用方法をしている人が多いです。ゴシゴシとこすってしまう事で、余計に肌トラブルを招いている可能性が高いです。泡立てネットなどを使って優しくもこもこの泡を作って、お肌を包み込むように洗い流すようにしましょう。ゴシゴシとこすり洗うのはNGです。

洗顔後の保湿ケアも怠らず、正しい使用方法を守ればお肌の汚れを綺麗に落とせて、健やかな肌をよみがえらせることができるはずです。

5.肌を傷めないスクラブ洗顔料を使う

スクラブ洗顔の粒子が固いとこのような危険性が高まります。一方で、スクラブ洗顔には角質やメイク汚れをうまく落としてくれる効果が見込めることも確かです。またスクラブのコロコロした感じが気持ちよくてやみつきになる方もいますよね。

そんな場合には、なるべくスクラブ粒子が肌に優しいものを選ぶとよいでしょう。例えばリ・ダーマラボはこんにゃくのような素材を採り入れており、肌に優しくスクラブ洗顔をすることができます。詳しくは下記ページをご覧ください。
>肌に優しいリ・ダーマラボのスクラブ洗顔料

このエントリーをはてなブックマークに追加