顔の毛穴汚れが綺麗に落ちる洗顔方法 7つのステップ

洗顔方法7ステップ.jpg

洗顔方法7ステップ

スキンケアをどんだけしっかりとしていても、正しい洗顔ができていなければ効果は半減…いえ、ほとんど意味をなさなくなるといっても過言ではありません。

一日の汚れを落とす夜の洗顔や、夜のスキンケアや寝ている間についたホコリを落とす朝の洗顔はしっかりと丁寧にしなければ、毛穴に汚れが詰まったままになってしまいます。毛穴に汚れが残ったままだと、どんどんと汚れがつまり黒さが目立つようになるので、キチンと綺麗に汚れを落としてあげるようにしましょう。

正しい洗顔のステップ

ここで、正しい洗顔のステップを見てみましょう。ひとつずつ確実に行えば、肌の奥に溜まった毛穴汚れも綺麗に落とせますよ。

1.肌を温める

肌を温める理由は、毛穴を開いて効果的に汚れを落とすためです。お風呂で身体をしっかりと温めてから洗顔をするか、蒸しタオルで顔に乗せるのが有効的です。毛穴をしっかりと開いた状態で洗顔を行うだけで、汚れの落とし残しが減るので気になっていた毛穴の汚れがぐんと少なくなるはずです。

2.余洗いをする

行き成り石鹸を付けて洗顔をする前に、余洗いをしましょう。
水だけで落ちる汚れを事前に落としておくことで、肌への負担を最小限に抑えることができます。

3.泡を立てる

チューブタイプの洗顔フォームや固形タイプを使っているのでしたら、しっかりと手を使って泡を作りましょう。きめ細かな泡を作る自信がないという人は、洗顔ネットを使うと簡単に肌に優しい泡が作れます。

また、ポンプタイプなどで売られている初めから泡が出てくる洗顔フォームを使うと、もっとお手軽に泡での優しい洗顔をすることができます。

詳しくはこちらも参考にしてくださいね→洗顔石鹸の上手な泡立て方

4.肌の上に泡を乗せる

泡を手に取ったら、肌全体に泡を乗せていきます。この時点ではまだこすらずに、パックをするイメージで肌全体にしっかりとのせて行きましょう。

5.優しく肌全体を洗う

肌全体に泡がいきわたったら、優しく肌全体の汚れを落としていきます。こする強さは、撫でる程度だけでも十分に汚れを落とせます。

逆に、ゴシゴシこすってはいけません。確かに、肌の汚れを落とすことは毛穴のケアにとても大切な事です。しかし、汚れをきっちりと綺麗に落とせばいいかと言うとそういうわけではなく、適度に必要な油分は残し、不必要な汚れや油を落とすことが大切になります。

6.気になる部分を洗い流す

脂っぽい部分や、メイクの汚れが残っている部分を優しく洗い流しましょう。指の腹を使って、力を入れずにこするのがポイントです。
あくまでも泡で綺麗にしているイメージでゴシゴシこすらないようにしましょう。

7.綺麗にすすぐ

洗顔の中で、実は忘れてしまいがちでとても大切なのがすすぎです。今までしっかりとすすぎができている人は、少ないのではないかと思います。

洗顔後のすすぎは、最低でも30回程度必要だと言われています。多すぎるって思う人もいるかもしれませんが、何度すすいでもやりすぎることはない様です。最後にしっかりと水で洗う事で、肌の奥にある毛穴の汚れが落ちます。

そのほかのポイント

適温は35度前後のぬるま湯

洗顔の適温は、ほんのりと冷たく感じる33度〜36度くらいです。熱過ぎるのは肌に負担がかかりますし、冷たいと毛穴が閉まったままになります。

清潔なタオルを使う

洗顔後に汚れがたまっているタオルを使ってしまうと、意味がありません。顔を洗った後は、きれいなタオルを使って綺麗に水を落とすようにしましょう。

タオルでこすらない

タオルで水分を落とす時には、こすらずに優しく顔をタオルに押さえつけましょう。これらの事に気を付けることで、顔全体の毛穴汚れがすっきりきれいになります。毎日行う洗顔ですので、一度ステップを覚えて習慣づけすることがとても大切です。

どうやって過ごしても毎日たまってしまう毛穴汚れなので、洗顔をはじめとした日々の努力の積み重ねで毛穴が目立たない素肌美人を目指していきましょうね。

毛穴に効く洗顔料ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加